Friday, 3 May 2013

Photo of the Day 2013.5.02.

福島県浪江町。福島第一原発から14キロ地点に位置する「希望の牧場」に訪れた。警戒区域内で避難出来なかった他の牧場の牛もあわせて約300頭が殺処分を免れて生きている。しかしながら、冬場には栄養失調などを原因とする凍死が相次いだそうだ。300頭もの牛に与えられる餌は、市場に出荷されない野菜の切れ端や放射能による被害で売れ残った干し草(放射線量は販売の基準値以下とのこと)などだが、量は全く足りていないという。力の無いやせ細った牛やまだまだ小さい子牛はなかなか食料にありつけない。

詳細レポートを後日アップ予定。




0 コメント:

Post a comment